サッカー

【サッカー】こじるり小島瑠璃子、上西小百合衆院議員の暴言に指摘「心が満ち足りてないのかな」

1 :元ジャニーズJr. ★@\(^o^)/:2017/07/17(月) 14:37:10.52 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/pUEasHY.jpg 17日、タレントの小島瑠璃子が自身のTwitter上で、上西小百合衆議院議員をたしなめるコメントを投稿した。

ことの発端は、15日に開催した浦和レッズとボルシア・ドルトムント(=ドイツ)の試合結果にある。この試合で
は、ドルトムントが2対3で勝利を収めたのだが、上西氏はTwitter上で「浦和酷い負けかた。親善試合は遊び
なのかな」と、浦和に対する苦言をつぶやいたのだ。

サポーターらから非難の声が殺到したほか現役選手まで参戦する騒動になっている。上西氏はここで我慢
の限界を迎えたのか、「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に
自分の人生乗っけてんじゃねえよ」と暴言を吐いてしまった。

騒動を念頭にしてか、スポーツ番組でキャスターを務めた経験もある小島は「SNS上で品のない汚い言葉使
いをしたり、ひとを傷つける発言をしちゃうひと。心が満ち足りてないのかなあ」と切り出すと、上西氏を名指し
「北海道旅行してみるのはどうかな」「サクラマスが滝を登る姿、健気でしたよ」と笑顔の絵文字付きで勧めて
いた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13347984/

Read more
サッカー

【サッカー】香川、本田の移籍に驚き「まさかですね。びっくりしました。圭佑君にしか分からない決断」

1 :ranran roo ★@\(^o^)/(★ 990b-d2Jr):2017/07/14(金) 22:02:13.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WJb6yhr.jpg
7/14(金) 21:38配信
スポニチアネックス

会見で契約の延長が発表され笑顔の香川

 ドルトムントのMF香川真司(28)が日本代表の同僚である本田のパチューカへの電撃移籍に目を丸くした。

 15日に開催される明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ浦和—ドルトムント戦の前日練習後に取材に応じ「まさかですね。びっくりしました。圭佑君にしか分からない決断。どうなるか楽しみ。あの人の性格上、それなりの覚悟があったと思う。全然、読めなかった。代表で会った時にいろいろと聞きたい」と言及。

 自身はこの日、18年6月末までだったドルトムントとの契約を20年6月末まで延長することを発表しており「かぶっちゃいましたね」と苦笑いしていた。


VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:—-: EXT was configured
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000163-spnannex-socc

Read more
サッカー

【サッカー】本田、ラス・パルマス&レバンテのオファーを蹴っていた! スペインメディア報じる

1 :ranran roo ★@\(^o^)/(★ 990b-d2Jr):2017/07/16(日) 19:49:02.07 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XhSix54.jpg
2017年07月16日(日) 19時38分配信

日本代表としても長く活躍している photo/Getty Images
それでも彼はメキシコへ

その理由は本田圭佑にしか分からない。14日、メキシコのパチューカへ移籍することを発表した日本代表MFだが、どうやら彼の手元にはリーガ・エスパニョーラからの手招きが2件も届いていたようだ。

スペインの移籍マーケットに関する情報を発信する『fichajes.com』はラス・パルマスとレバンテが本田に対してオファーを提示していたと報道。とりわけ前者は元ミランMFとの契約に本気だったようで、本田の“決断の遅さ”が破断へと繋がったようだ。また、ラス・パルマスといえば本田とミランでトップ下のポジション争いを繰り広げた元ガーナ代表MFケビン・プリンス・ボアテングが所属しており、この点も本田の決断に影響を与えた可能性もあるだろう。

いずれにしても、本田が新天地に選んだのはスペインではなくメキシコだ。一部報道では、元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏による仲介があったともされており、何が最終的な決め手となったのかは本田のみぞ知る。日本人としては彼の活躍による朗報をただただ待つばかりだ。


VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:—-: EXT was configured
http://www.theworldmagazine.jp/20170716/01world/140683

Read more
サッカー

【サッカー】意外な橋渡し役が 本田圭佑「パチューカ」移籍の全舞台裏

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/07/16(日) 10:08:30.54 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Zjhy00r.jpg 意外な橋渡し役が 本田圭佑「パチューカ」移籍の全舞台裏
7/16(日) 9:26配信

 セリエAの名門ミランを戦力外となり、契約満了とともに“浪人生活”を送っていた日本代表MFの本田圭佑(31)が14日、自身のSNSで「メキシコ1部のパチューカと契約を結んだ」ことを発表。イングランド、スペイン、米国MLS、中国への移籍などが取り沙汰されてきたが、ノーマークだったメキシコ行きにサッカー関係者からマスコミ関係者までビックリ仰天だ。

「実はミランに在籍中だった昨年からMLS移籍を視野に入れていた」とはサッカーライター。

「本田が描いている将来設計は《18年ロシアW杯に出場して引退》《国際派ビジネスマンとして活躍》《40歳になったら政界に打って出る》というもの。当面の目標であるロシアW杯出場に向けてベンチ要員となって試合勘を失い、パフォーマンス低下を招いたミラン時代の反省から《スタメン保証》《中盤で自由にプレーできる》クラブを探していた。しかし、この条件で引き取ってくれるクラブはスペイン、イングランド、ドイツ、イタリアの欧州4大リーグには皆無。本田が経営する会社には、かつて米国でゴルフなどのスポーツビジネスに携わっていた人物、MLSの下部リーグUSLに関わっている人物が在籍しており、そのルートをフル活用しながらMLS移籍を画策していた」

 実際、本田は7月に入ると米国カリフォルニア州にあるUSL所属のオレンジ・カウンティに帯同。実戦練習をこなしていた。しかし、MLSにも「ホンダが欲しい」というクラブは出てこなかった。

 そこで本田サイドは、テレビ局経由でオファーのあったメキシコ行きに方向転換した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000011-nkgendai-socc

Read more
サッカー

【サッカー】本田の電撃入団に地元ファン「俺たちはワールドクラスを手に入れたぞ!」「お前はアミーゴだ、メキシカンだ!」

1 :ranran roo ★@\(^o^)/(★ 990b-d2Jr):2017/07/15(土) 18:59:29.21 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ltzFF7s.jpg
7/15(土) 14:53配信
SOCCER DIGEST Web

SNSでの突然の入団発表から一夜明け、パチューカ周辺は歓迎ムードに包まれている。すでに期待値は天井知らずの高さに。(C)REUTERS/AFLO

ホンダ=オリベル・アトム? それは誰?

 本田圭佑のパチューカ入団報道から一夜明け、メキシコ国内では地元メディアが大々的に日本代表MFのプロフィールを紹介した。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

 興奮冷めやらないのがパチューカ・サポーターで、クラブの公式ツイッターやファンサイトには多数の“ウェルカム・コメント”が書き込まれている。
 
 ちらほらと目にするのが、「Oliver Atom(オリベル・アトム)」というフレーズだ。これは世界的な人気漫画『キャプテン翼』の主人公、大空翼のスペイン語ネーム。やはり日本人選手と聞くと、すぐ結びつけたくなるのだろうか。「ついにオリベルが俺たちのクラブに来たんだ!」「アトムのようなミラクルショットが見たい!」というコメントを見つけた。
 
 近年のパチューカにとって、国内の覇権を争う最大のライバルがクラブ・アメリカ。ツイッター上ではその宿敵サポーターとのやりとりもあり、とあるパチューカ・ファンが「ざまあみろアメリカめ、俺たちはワールドクラスを手に入れたぞ」とやや大袈裟に挑発。するとアメリカ・ファンは「まあまあ、(メキシコの)激しくスピーディーなサッカーでどれだけやれるのか見てみようじゃないか」と冷静に切り返していた。
 
 なかにはミラン時代の不振を揶揄するコメントや、自動車メーカーのホンダと絡めてネタにするコメントもあったが、おおむねポジティブな内容で、歓迎ムードに包まれている。
 
 以下、パチューカ・サポーターと思しき人物の好意的なツイートをいくつか紹介しておこう。メキシコ人らしい明るさとテンションの高さが伝わってくる。
 
「絶対に後悔させないぜ。君はメキシコ・サッカーの虜になるはずだ」
「ホンダはトヨタよりはるかに優れています」
「トゥソス(パチューカの愛称)の一員になってくれてありがとう。大暴れしてくれ!」
「日本人が? メキシコ・リーグに新風を吹き込んでくれそうだ!」
「日本やイタリアのように住みやすくはないだろうけど、タコスは最高だよ」
「ここはメキシコ最高のクラブだ。一緒に最高の思い出を作ろう!」
「ホンダ、一度この地を踏んだなら、お前はアミーゴだ、メキシカンだ!」
「スタジアムでは汚い言葉が飛び交うけど、メキシコ人はいい奴ばかりだからな」
「なかなか素晴らしい(スペイン語の)発音だったぞ。期待が持てる」
「ミランの10番だろ? クラブは僕たちに最高のプレゼントをくれたよ」
 
 本田は7月18日に現地入りし、チームに合流予定。23日の前期リーグ開幕戦、UNAMプーマス戦の出場を目ざす。


VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:—-: EXT was configured
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170715-00027813-sdigestw-socc

Read more
サッカー

【サッカー】小柳ルミ子がスゴい! 解説で名言連発「サッカーはただクソ真面目なだけじゃダメ!」 浦和vsドルトムント フジテレビ

1 :プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/07/15(土) 20:06:54.89 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/D5sb1Qq.jpg 「サッカーは人生の縮図、社会の縮図、人間関係の縮図」。

 のっけから“ルミ子節”が炸裂した。
 
 土曜夜に埼玉スタジアムで開催されたJリーグワールドチャレンジ2017、浦和レッズ対ボルシア・ドルトムント。そのゲームをライブ中継したフジテレビの副音声で、タレントのJOYさんとともに解説者デビューを果たしたのが、歌手の小柳ルミ子さんだ。
 
 いまやすっかりサッカー通として知られる。時間さえあれば国内外のサッカーをテレビ観戦しているようで、年間で2150試合超をチェックしているという。しかもただ視聴しているだけでなく、ポイントなどを随時ノートに書き込むのめり込みようだという。
 
 きっかけは2002年日韓ワールドカップで一大フィーバーを巻き起こしたデイビッド・ベッカム。いまではバルセロナ狂を自負し、リオネル・メッシの大ファンを公言している。
 
 事前の告知番組では、「注目はドルトムントの(ウスマンヌ)デンベレ。信じられないスピードの持ち主。槙野とのマッチアップになりそうですね。止められるかな?」と見どころを明かしていた。
 
 肝心の解説本番では、スタートからサッカー愛が全開。玄人顔負けの深みあるコメントを連発。前半だけでも名言がわんさか飛び出した。
 
「(キックオフ直後)夢見てるみたい。現実を受け入れられない」
「ボシュ監督のアヤックスはヨーロッパリーグ決勝でモウリーニョにまんまとハメられた。(ドルトムントの)若い攻撃陣をどれだけマネジメントできるか。4−3−3の中でね」
「個人的にはトゥヘルより期待してる。前任者はチームとの信頼関係がなかった」
「サッカーはただクソ真面目にやってもダメ。ずる賢くないと。ジャッジを味方につけてしたたかに。それも人生だから」
「サッカーは人生の縮図、社会の縮図、人間関係の縮図」
「(8分過ぎ)浦和は相手のスピードを脅威に感じだしてる。徐々に押し込まれてきた」
「シュメルツァーはいつも思うんだけど、ディカプリオに似てない?」
「シャヒンは股関節が柔らかいね。ダンスとサッカーは共通することが多いの」
「ダンスが上手い人もポジショニングが上手い。体幹がしっかりしている」
「15分くらいで入らないと浦和に流れきますよ、これ」→実際に7分後に浦和が先制
「現代サッカーはスピード重視。普段の仕事でもなんでも遅いのはすべてダメ」
「サッカー選手はみんな息子。全員私の子宮から生まれた(笑)。だからいつも怪我が心配」
「シュールレは足を痛めて引きずっててもゴールを決めるひと」
「ノイアーのセーブは感動モノ。ほんとに動かないからね! だってあのテア・シュテーゲンが代表で2番手なんだから」
 
 たびたび話が脱線して大事なシーンを見逃すなどなどあったが、サッカー経験者のJOYさんを相手にその素晴らしさを常時力説。「仕事があるときでも1日5試合は観る。休みのときは10試合。睡眠時間は3時間くらい。2000試合はやろうと思えばできる」と話すと、JOYさんに「もうギネス申請してください」とツッコまれていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170715-00027824-sdigestw-socc

Read more
サッカー

【サッカー】2ゴールのエムレ・モル、浦和について「ショッキングだった。こんなに強いとは…」

1 :プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/07/15(土) 22:41:06.55 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/2zndx79.jpg ドルトムントに所属するトルコ代表FWエムレ・モルが浦和レッズとの試合後、取材に応じて試合や日本についての印象を語っている。

ドルトムントは15日、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017で浦和レッズと対戦。移動による疲れが隠せず、前半は厳しい戦いを強いられたが、後半に入ったエムレ・モルが試合を活性化。2ゴールを挙げる活躍で3−2の勝利に導き、マン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

ゴールについては2つとも良いパスからだったと、笑顔を見せながら謙遜したモル。「その前に後ろから迫られてチャンスをふいにしたので、何とか活かしたかった」とゴールへの強い渇望があったことを認めた。

また、思わぬ厳しい戦いをすることになった浦和の印象についてはこのように語る。

「ショッキングだった。こんなに強くて、攻めてくるチームだと思わなかったし、こんなに上手いチームだとも思わなかった。ディフェンスも良かった」

同僚の香川真司については「いつもからかいあっている」と述べ、印象については「日本がとても好きで、休みがあるとすぐに帰っているね」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000027-goal-socc

Read more
サッカー

【サッカー】<9歳でレアル下部組織入りの中井卓大>所属するU−14でトップ下のレギュラーを確保!「スペイン人化」して成長中!

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 08:11:44.08 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AcZtrdo.jpg 日本人の少年がレアル・マドリードのカンテラに入団——。そんなビックニュースが流れてから4年ほどの歳月が過ぎた。当時9歳だった中井卓大(たくひろ)は着実に成長を遂げ、所属するインファンティールA(U−14)でトップ下のレギュラーを確保。得点とアシストを積み重ね、スペイン『AS』紙で「マドリーの宝」と報じられるほどの活躍をみせている。

 バルセロナのカンテラで技術を磨いた久保建英(現・FC東京U−18)が注目される中、未来の日本代表で”2人の天才”が共演する姿に期待を寄せるファンも多いだろう。中井の情報が日本に入ってくる機会は少ないが、今回、当時のレアルのカンテラコーチで、中井の入団を後押ししたイニアッキベニ氏に”天才少年”の現状を聞くことができた。

 イニアッキベニ氏は、レアルのカンテラで2004年から10年間にわたってコーチを務めた人物。現在もドバイスポーツシティのサッカースクールのヘッドコーチとして、多くの有望選手を指導しているが、そんな同氏にとっても中井は特別な存在だという。

「”ピピ”(中井の愛称)は、初めて見た時からとにかくうますぎました。足元の技術が高く、どんな時でもボールを失わない。ボールを失わないということは、味方が信頼して預けられるということ。これはレアルのカンテラの中でも、非常に優れた個性です」

 中井がカンテラ入団前に在籍していた、滋賀県にあるアズーフットボールクラブ代表の嶌村寿次(しまむら ひさつぐ)氏も、イニアッキベニ氏と同様の印象を抱いていた。

「圧倒的な技術を持った子供でしたね。私の中でも”特別な選手”という印象で、特にボールを扱う技術に関しては突出していた。まさかレアル・マドリードのカンテラに入団を果たすまでの選手とは思いませんでしたが、非常に高いポテンシャルを感じました」

 レアルのカンテラに入団する際には、「若すぎる、早すぎる、前例がない」といった、周囲からの反対の声もあった。だが、中井はそんな雑音を強靭なメンタルでかき消した。優れた技術を、どのように試合で活かすか。それは、レアルの”優れた選手”を判断する基準となっている。

「いかに技術が優れていても、それを発揮できるメンタルがなければ意味がない。これは大きなポイントです。ピピは、強靭な意志と自分の長所を、しっかりとテストで披露していました。才能だけではなく、成功できるメンタリティも持ちあわせていたということです」(イニアッキベニ氏)

 中井はレアルのカンテラ入団以降、慣れない環境に苦しみながらも徐々にチームに適応していった。各カテゴリーで20名ほどの在籍しか許されない世界最高峰のカンテラでは、毎年のように半数近い選手が入退団する。その競争に勝ち残っている事実は、中井の実力と成長を語る上で明確な指標となっている。

つづく

7/13(木) 7:50配信  スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170713-00010001-sportiva-socc

Read more
サッカー

【サッカー】ネスタ、移籍市場の現状に苦言「多くの選手が過大評価されている。クオリティは低下しているのに。」

1 :pathos ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 19:11:50.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/SJcD3ah.jpg  元イタリア代表のディフェンダーで、現在北米サッカーリーグのマイアミFCの監督を務めるアレッサンドロ・ネスタ氏が、移籍市場の現状に苦言を呈した。伊紙『Corriere della sera』が伝えた。

 2002年の夏にラツィオからミランへの移籍を果たしたネスタ氏だが、その時発生した金額はわずか3000万ユーロ(約39億円)。現在は移籍金額が10ほど年前と比べるとはるかに大きなものになってしまっているため、同氏ほどの選手であれば、今ではその倍以上の価値がつくことも考えられる。

 ネスタ氏自身もやはりこの状況を良くは思ってはいないようだ。

 「これはイタリアだけでなく世界全体の問題だ。多くの選手が過大評価されている。実際選手のクオリティは下がっているように見えるんだけどね」

 チャンピオンズリーグやW杯のタイトルを獲ってきたレジェンド選手からの一言は、過剰に高額な価値をつけられている選手にとって痛烈な一言となるに違いない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170713-00221850-footballc-socc&pos=3

Read more
サッカー

【サッカー】<本田圭佑>ガラタサライ破談で有力移籍先いまだなしか? 候補クラブ一覧まとめ

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 13:29:35.35 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/z55xv13.jpg 日本代表MF本田圭佑はきたる2017?18シーズンを、どのクラブで迎えることになるのだろうか?

13?14シーズンからミランで10番を背負っていた本田だったが、徐々に出場機会が減っていき、16?17シーズンはセリエAで8試合の出場にとどまった。
契約満了に伴い、今夏でロッソ・ネロのユニフォームを脱ぐことが決まって以来、動向が注目されている。

ここ数日の移籍市場における動き、うわさを振り返っていこう。

■ミラン退団の本田圭佑、新天地はアメリカ?LAでの練習でシアトル移籍が再燃(7月3日)

本田については、冬にシアトル・サウンダースへの電撃移籍の可能性が報じられた。しかし当時のミランのCEOアドリアーノ・ガリアーニ氏が噂を否定し、移籍は実現せずに終わった。
ただ以後もシーズン終了後のシアトル加入の可能性が伝えられており、MLSの中で本田獲得に最も近いクラブとされている。

■本田圭佑にトルコ強豪クラブからオファー…年俸2億円超の2年契約か(7月2日)

現在フリーとなっている日本代表FW本田圭佑にトルコからオファーが届いているようだ。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が独占で報じた。

ここまで本田にはスペインのラス・パルマスやレバンテ、トルコのトラブゾンスポルなど数多くのクラブが興味を示していたが、ついに具体的なオファーを提示してきたクラブがあったという。
報道によると、トルコのガラタサライがすでに年俸200万ユーロ(約2億5000万円)、2年契約のオファーを送り、現在フリーの本田の返事を待っているようだ。

■本田圭佑、ガラタサライとは合意に至らず…首脳陣に不満で移籍消滅へ(7月5日)

日本代表FW本田圭佑のガラタサライ移籍は合意に至らず、破談へと向かっているようだ。トルコ『sporx』が報じた。オランダメディアでは今週にも正式な契約に至ると伝えられたが、
本田はガラタサライへの移籍に応じず。クラブ首脳陣の姿勢に不満があったと考えられている。

■移籍がうわさされたクラブ一覧

・ラス・パルマス

・レバンテ

・トラブゾンスポル

・ガラタサライ

・シアトル・サウンダース

※今夏うわさになったクラブ。一部破談と報じられたクラブも含む

■最新の状況や有力移籍先は?

一時はガラタサライ行きが間近ではないかと報じられたものの、結局は移籍の可能性は低くなったと見られている。7月12日現在、有力な移籍先として挙げられるクラブはまだない状況だ。

7/13(木) 12:36配信  GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000009-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170713-00000009-goal-000-view.jpg

Read more