サッカー

【サッカー】<才能だけで久保建英は生まれない>元バルサ育成指導者が日本の状況に覚えた違和感とは?

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/19(金) 09:18:34.48 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/674N8s3.jpg 東京Vの冨樫剛一前監督は「あの子、面白いボールタッチをするな」と、チビッ子たちのゲームを眺めていた。しばらくして休憩になると、スタンドにいたお父さんがピッチまで降りて来て告げる。

「建英、もういいぞ」

冨樫氏は少年の本当の凄さを知る。父から許可を得た少年は、それまでとは逆の足でプレーを始めるのだ。面白いタッチをしていたのは不得意な右足で、利き足でボールに触れた途端に、ピッチ上が完全に意のままになったという。
 
 やがて久保建英くんは、バルセロナに入団し、中学生になって帰国する。天賦の才は、最高の環境で研磨され、早くも15歳10か月と29日でJ1の公式戦にデビューするのだった。
 
 かつてバルセロナのカンテラで監督経験を持ち、ジョルディ・アルバやボージャン・クルキッチらを指導してきたジョアン・サルバンス氏は、日本の現場に触れ語っていた。
「生まれ持った才能では、欧州と日本の子どもたちに差はない。違いを生んでしまうのは環境だ」
 
 サッカー文化が根づく欧州には、身近に理想の手本があり、そこから逆算した効率的なトレーニングが日々更新されていく。そのうえで、頂点に辿り着くまで絶対に息の抜けない競争がある。
 
 ジョアンは、バルセロナで仕事をする前に、イタリア、フランスなどを訪れ、他国の育成状況も見て回った。来日してみて、欧州と最も大きな落差を感じたのは、トレーニングに対する考え方だった。
「きっと日本にも効率的なトレーニングをしているクラブもあるのだとは思う。でも多くのアマチュアクラブ(部活)では、あまりに質より量にこだわりすぎている。グローバルに見て、ボールに触れない状況が10分間以上も続くトレーニングは、リハビリも含めてあり得ない」
 
 逆に久保くんに限らず、才能に恵まれた選手に「環境」を与えれば、歴史的にも劇的な効果が表われてきた。釜本邦茂氏は西ドイツに、奥寺康彦氏はパルメイラスに短期留学をしただけだが、帰国すると周囲が目を見張る変貌を遂げていた。間もなく釜本氏は五輪得点王に輝き、奥寺氏はケルンとプロ契約を結び、当時世界最高峰のドイツで二冠に貢献する。

つづく

SOCCER DIGEST Web 5/19(金) 6:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170519-00025802-sdigestw-socc

Read more
サッカー

【サッカー】J2福岡、邦本宜裕が退団。契約条項違反で双方合意の契約解除

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/05/19(金) 19:46:44.24 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/9r6UVcv.jpg J2アビスパ福岡は19日、FW邦本宜裕の退団を発表した。クラブは「契約条項違反」で双方合意の下での契約解除としている。

福岡は邦本退団の詳細に触れていないが、「邦本選手の契約条項
(日本サッカー協会選手契約書第9条1(5)クラブの秩序風紀を著しく乱したとき)違反により、邦本選手及び弊クラブ双方合意の下、2017年5月19日付で解除いたしましたので、お知らせいたします」
とクラブ公式サイトで発表。何らかの問題行為があったと推測される。

邦本は浦和レッズユース出身でU-17日本代表経験もある現在19歳のアタッカー。16歳のときに浦和でのデビュー戦でゴールを決めて注目を集めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170519-00010024-footballc-socc
フットボールチャンネル 5/19(金) 19:29配信

https://amd.c.yimg.jp/im_sigg2vb86O90LV77Rfe4fHwmRQ—x400-y267-q90-exp3h-pril/amd/20170519-00010024-footballc-000-1-view.jpg

Read more
サッカー

【サッカー】<J1/第12節>川崎フロンターレ、3発完封で鹿島アントラーズを撃破!2連勝で暫定3位浮上…鹿島は今季ホーム5敗目

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/19(金) 20:59:42.75 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/OnMA5HZ.jpg ◆鹿島アントラーズ 0-3 川崎フロンターレ[カシマサッカースタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/051901/live/#live

[川]阿部浩之(19分)
[川]長谷川竜也(45分)
[川]登里享平(61分)

J1リーグは19日、第12節1日目を行い、川崎フロンターレはアウェーで鹿島アントラーズと対戦し、3-0で快勝した。川崎Fは3試合連続の無失点で今季初の3連勝。鹿島はホーム2連戦で今季初の2連敗を喫した。

 MFレオ・シルバ、MF遠藤康、DF植田直通が負傷離脱し、苦しい台所事情の鹿島。FW金崎夢生、FWペドロ・ジュニオール、MF土居聖真もベンチスタートとなり、中盤の両サイドにはMFレアンドロとMF中村充孝が入った。センターバックでは神戸戦でJデビューしたDF町田浩樹が2試合連続で先発。今季福岡から加入したFW金森健志がリーグ戦では移籍後初先発となり、FW鈴木優磨と2トップを組んだ。

 鹿島は前半12分、金森が左サイドからドリブルで中に持ち込み、右サイドへ。レアンドロがふわりと浮かしたクロスから鈴木が高い打点のヘディングシュートを放つが、ゴール右へ外れる。序盤のチャンスを逃すと、カウンターから先手を取られた。

 川崎Fは前半19分、鹿島のCKからこぼれ球を拾ったDF車屋紳太郎がドリブルで左サイドを駆け上がり、ハーフウェーライン手前から前線へスルーパス。PA内左に走り込んだMF長谷川竜也が左足を振り抜くと、GKクォン・スンテが前に弾いたこぼれ球をMF阿部浩之が右足で押し込み、3試合連続ゴールを叩き込んだ。

 先制を許した鹿島にさらなるアクシデントが襲う。前半32分、MF大島僚太との競り合いで町田が足をピッチに取られ、右膝を負傷。そのままピッチを離れ、同36分にDFブエノとの交代を余儀なくされた。

 すると前半終了間際の45分、川崎FはMFエドゥアルド・ネットの縦パスを大島がスルーし、PA内右で受けたFW小林悠がゴール前にクロス。阿部の右足ダイレクトボレーはGKに弾かれたが、こぼれ球を長谷川が右足ボレーで押し込み、2戦連発となる追加点を奪った。

 2点を追う鹿島は後半開始から中村に代えて土居を投入。後半4分、DF西大伍の右クロスにDF山本脩斗が頭で合わせたが、GKチョン・ソンリョンに阻まれる。同9分にはブエノのスルーパスに金森がゴール前に抜け出すが、シュートはGKの正面。相次ぐ好機を生かせなかった。

 川崎Fは後半11分から長谷川に代わってDF登里享平が左サイドハーフの位置に入ると、この交代策が的中した。後半16分、左サイドを持ち上がった車屋が中央に入れ、阿部がつぶされたこぼれ球を登里が素早くて拾って左足でシュート。これがゴール右隅に決まり、試合を決定づける3点目となった。

 登里は14年7月23日の鳥栖戦(1-0)以来、3シーズンぶりのゴール。鹿島は直後の後半17分から金森に代えて金崎を投入するが、最後まで1点が遠く、0-3の零封負けを喫した。23日に敵地でのACL決勝トーナメント1回戦第1戦を控える両チームが明暗を分ける結果。鹿島は広州恒大戦に向けて暗雲が立ち込める一方、川崎Fは直近3戦8発、ACLを含めると4戦12発で公式戦4連勝を飾り、ムアントン・ユナイテッド戦へ弾みを付けた。

ゲキサカ 5/19(金) 20:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01639877-gekisaka-socc

◇順位表

◇DAZN公式サイト:http://www.dazn.com/ja-JP

◇DAZN for docomo:http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

Read more
サッカー

【サッカー】<クロップ監督が感じるプレミアリーグとブンデスリーガの違い>「もしバイエルンが参戦していたら…」

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/18(木) 18:21:50.31 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/NrNWYxm.jpg  リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、プレミアリーグでの生活を楽しんでいるようだ。ドイツ誌『キッカー』のインタビューでブンデスリーガとの違いについて指摘し、バイエルン・ミュンヘンが同リーグで優勝する可能性などについて語っている。

2015年秋にリヴァプールの監督に就任したクロップ監督は、新チームにも”ゲーゲンプレッシング”を導入。チームは現時点(第37節消化時点)で来季チャンピオンズリーグ(CL)予選出場権を得られる4位に位置しているものの、特に引いて守る相手に苦戦することが多かった。クロップ監督はそんなプレミアリーグについてこのように話している。

「自分も以前そう思っていたが、ドイツでは彼ら(プレミア製)は国際舞台に弱いと見られがちだね。ただ、(CLで成功していないのは)プレーヤーや監督たちが急に能力を失っているためではない。本当の理由は、プレミアリーグが死ぬほどタフだからだ。

私はここで簡単な試合を一つも経験していないし、ほとんど見たこともない。消耗戦なんだ。とにかく競争、競争、カップをめぐる競争が続き、リーグ戦もより多い。現代のインテンシティーでは、欧州の挑戦との調整が難しいんだ」

ジョゼップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、アーセン・ヴェンゲル、アントニオ・コンテ…。国外からのスター監督が集まるプレミアリーグだが、クロップ監督は「その1人として言及されることには以前から違和感を覚えている」とコメント。

その一方で、「プレーヤーや監督のクオリティーは確かに全体のレベルを上げている。ここのサッカーは最高だよ。インテンシティーが際立っている。ブンデスリーガでの仕事はいつも楽しんでたけど、ここはものすごくスリリングなんだ」と続けた。

なお「プレミアリーグの上位7チームはブンデスリーガではトップ10に入るのか」との質問に対し、同監督は「100パーセントそう言い切れる。まったく疑問がない」と返答。

「バイエルンにとってもイングランドで優勝するのは簡単ではないだろう。ただ、それでもそうできる可能性は低いとも言えないけどね」とかつてのライバルクラブについて話している。

GOAL 5/18(木) 18:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000020-goal-socc

【サッカー】<杉山茂樹>金満主義の限界!欧州4番手転落の足音近づくイングランド・プレミアリーグ…©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494990481/

Read more
サッカー

【サッカー】ヘントの久保裕也が3戦連続弾で移籍後11ゴール目!今季通算23得点

1 :ranran roo ★@\(^o^)/(★ 9946-PySf [221.111.201.173]):2017/05/19(金) 05:31:49.88 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/38L1C1K.jpg
GOAL 5/19(金) 5:20配信

またも得点した久保 (C)Getty Images

ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が移籍後11得点目となるゴールを決めた。

ヘントは18日、ベルギーリーグプレーオフ第9節でズルテ・ワレヘムと対戦。4-1で迎えた83分、スルーパスに抜けだした久保は、キーパーとの一対一を冷静に制し、右足でネットを揺らした。久保はこのゴールで、冬に加入後リーグ戦16試合で11得点を記録している。

なお、久保は過去2試合でも得点を決めており、3試合連続での得点となった。今シーズン公式戦通算得点も23へと伸ばした


VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:—-: EXT was configured
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000029-goal-socc

Read more
サッカー

【サッカー】<久保建英>今もバルサ下部トップの体力数値!体格差を不安視する声もどこ吹く風「失速せずにどんどん上にいきたい」

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/16(火) 14:01:13.12 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ehfj3U4.png <U20W杯20日開幕 2020東京の原石(1)>

 U−20(20歳以下)W杯韓国大会が20日に開幕し、日本は5大会、10年ぶりに出場する。20年東京五輪の中核となる世代にとって、これが初の世界大会。日本サッカーの未来を担うスター候補を「東京の原石」と題し、5回連載で紹介する。第1回はFW久保建英(15=FC東京ユース)。

 信じられない速さで階段を駆け上がっている。久保は09年にバルセロナのスクールが主催した横浜でのイベントでMVPを獲得し、バルセロナ下部組織の選手とともに欧州での大会に出場した。そこでクラブのコーチの目に留まり、11年に下部組織の入団テストを受けた。受験にはコーチやスカウトの推薦が必要で、この挑戦だけでも日本人初。わずか10歳で合格しスペインに渡った。あのメッシでさえ入団は13歳だった。

 U−11チームのリーグ戦で得点王になるなど活躍し、4シーズンを濃密に過ごした。チーム事情で15年に退団し、東京のジュニアユースに入団すると、昨年9月に飛び級でトップチームに2種登録された。11月には史上最年少となる15歳5カ月1日でJリーグデビューを果たした。

 バルセロナの前に所属した川崎Fの下部組織でも、2学年上の選手とプレーしていた。久保にとって飛び級はいつものこと。「同世代の中では半歩くらい前にいると思う。失速せずにどんどん上にいきたい」。今は体幹トレーニングに励んでいる。今年1月にJリーグのオフを利用してバルセロナ下部組織の練習に参加した際には、計測した体力数値がチームで最も優れていたという。体格差を不安視する声もどこ吹く風だ。

 常に年上とプレーしてきた経験が向上心につながっている。「上がある限り目指したい。サッカーをやっている以上、満足したら終わり」。目標は世界のトップでプレーすること。大会の全出場選手で2人しかいない01年生まれの15歳の名前が、世界にとどろく時が近づいている。【岡崎悠利】

日刊スポーツ 5/16(火) 8:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-01824116-nksports-socc

Read more
サッカー

【サッカー】<W杯>「日中韓北で共催」案が再浮上!日本のファンは反発も「100000%お断り」「日本は単独開催目指せばいいと思う」

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 00:28:13.61 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JSSP3ep.jpg  大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が、日本・中国・韓国・北朝鮮の4か国によるサッカーワールドカップ(W杯)共催の意向をあらためて強くしている。

   「緊密に話し合えば可能性は高い」。チョン会長は以前にも4か国共催構想の考えを示しており、単なる「思いつき」の発言ではないのかもしれない。

北米3か国共催案も後押し

   韓国メディアの朝鮮日報や中央日報の2017年5月15日の報道によると、チョン会長は14日、U-20W杯直前のU-20韓国代表と同セネガル代表の強化試合に際して、韓国の高陽(コヤン)総合運動場で、報道陣にW杯の構想を述べた。「韓国、中国、日本、そして北朝鮮が緊密に話し合えば、2030年W杯共催の可能性は高いと思う」とし、3国とは「まだ話し合いをしていないが、機会があれば今後するだろう」と協議の場を持ちたい考えだ。

   チョン会長は「国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長も、4か国共催案に同意するものだと聞いている。韓中日は財政面でかなりアピールできる」と展望を示している。確かにインファンティーノ会長自身、17年2月に英メディア「SKY SPORTS」の記事の中で、出場国が32から48に増える2026年大会は設備や財政面での負担から「3〜4か国での開催がいい」と発言していた。

   チョン会長は3月2日にも「W杯4か国共催構想」を公の場で述べて驚かせたが、この時に比べて状況が変わった点がいくつかある。

   W杯は過去20大会の中で、共催が02年日韓大会の1度しかなかった。だが、米国・カナダ・メキシコの北米3か国が共催をめざし、26年大会への共同立候補を17年4月10日に正式表明した。翌日11日のAFP通信によると、米サッカー連盟のサニル・グラーティ会長は「ドナルド・トランプ米大統領も共催に全面的に協力している」と述べており、ホストの最有力候補との声もすでにあがっているという。3か国での共催が実現すれば、さらに多くの国で共催するハードルは下がるかもしれない。

   また、5月9日にはFIFAの最高意思決定機関である理事会のメンバーにチョン会長が就任し、国際舞台での存在感を増した。理事会は全37人で構成され、日本サッカー協会の田嶋幸三会長も名を連ねている。

つづく

j-cast.ニュース2017/5/16 19:49
 https://www.j-cast.com/2017/05/16298110.html

Read more
サッカー

【サッカー】<J3/ブラウブリッツ秋田の本拠地>佐竹知事「スタジアム新設望ましい」これまでより踏み込んだ姿勢を示す!

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/15(月) 23:39:14.38 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/pIosUBE.jpg 佐竹敬久知事は15日の会見で、サッカーJ2のライセンス取得に必要な収容1万人以上のスタジアム整備について「必要なら思い切って新規にやった方がいい」と述べ、

J3・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地となるスタジアムは既存施設の改修ではなく、新規建設の方が望ましいとの考えを示した。

秋田魁新報2017年5月15日 18時56分
http://www.sakigake.jp/news/article/20170515AK0017/

佐竹知事は15日の定例会見で、明治安田生命J3リーグ、ブラウブリッツ秋田のホームスタジアムについて、八橋陸上競技場を改修するよりも新設した方が良いと述べ、スタジアム整備に向け、これまでより踏み込んだ姿勢を示しました。

J3のブラウブリッツは、14日の試合で福島に勝ち、クラブ新記録の6連勝で首位をキープしています。今後ブラウブリッツがJ2に昇格するには、ホームスタジアムの整備が条件となっています。

新たにスタジアムを整備するには100億円から150億円かかると見込まれ、八橋陸上競技場を改修してJ2の規格に対応させるほうが現実的と見られていました。

佐竹知事は、八橋陸上競技場の改修について、他の競技団体から理解が得にくいことなどを理由に15日、「新規に整備したほうが良い。」との認識を示しました。

県は、秋田市や競技団体などとホームスタジアム整備の可否を判断するため、今後協議の場を設けることにしています。佐竹知事は、「検討会をつくるということは建設を前提にするということだ。」と述べています。

[ 5/15 19:16 秋田放送]
http://www.akita-abs.co.jp/news/nnn/news86111803.html

記者会見動画
https://youtu.be/VN1f7INMLZw?t=775

Read more
サッカー

【サッカー】<U-20日本代表>ホンジュラスに勝利! 本選に向けて弾みをつける

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/15(月) 20:23:24.23 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XqVfPQc.jpg U−20日本代表は15日、20日から始まるU−20韓国・ワールドカップに向けて、U−20ホンジュラス代表と親善試合を行った。
 
 日本代表の2トップはジュビロ磐田のFW小川航基と京都サンガF.C.の岩崎悠人となり、注目のFC東京U−18FW久保建英はベンチスタートとなった。

 日本がボールを持ち、ホンジュラスがカウンターを狙う展開となったこの試合。15分には早くも試合が動く。坂井大将が蹴ったCKに、小川が頭で合わせてゴール右隅に流し込む。先制点を決めた日本は、試合を有利に進めると思われた。しかし18分、日本の一瞬の隙を逃さずにホンジュラスがカウンター。1対1の状態で右サイドを突破し中央にクロス、中に走り込んだFWが落ち着いて決めスコアをタイに戻す。

 反撃に出たい日本は23分、混戦からシュートを放つも、相手DFの体を張った守備に阻まれ得点することはできない。その後の28分、岩崎が空中のボールを頭で小川に落とす。軌道がずれて小川には届かなかったが、走り込んできた三好康児がダイレクトシュート。しかし、このシュートは枠を捕らえられず。

 追加点が欲しい日本だったが、33分に混戦からボールを奪われショートカウンター、前線の選手にスルーパスが通ってしまう。中山雄太が必死にくらいつくも、このチャンスをしっかり決めたホンジュラスが逆転に成功。1点を先行された日本にチャンスがくる。39分、裏に走り込んだ小川にロングボールが出てくる、しかしボールはわずかに合わず得点には至らない。

 続く45分、左サイドでボールを受けた三好が、中央で待っている小川へパス。ダイレクトでシュートを打つも、ゴールには繋がらず。日本は2点を奪われて前半を折り返す。
 
 後半開始早々の46分、日本にPKのチャンスが与えられる。キッカーの坂井が、ゆったりとした助走からゴール左隅に落ち着いて決め、スコアを2−2にする。立て続けの49分、右サイドでボールを持った堂安律が中央で待っていた三好へパスを送る。ゴール右端を狙ったシュートは枠を外れていった。

 62分、日本は注目の久保建英をピッチに送り出す。直後、日本は代わって入った板倉滉が、CKにヘッドで合わせて3点目を挙げる。72分、久保が魅せる。右サイドでドリブルを開始すると、相手2人をかわし中央へスルーパス。しかし味方にはわずかに合わずGKに取られてしまうが、才能の片鱗を遺憾なく披露する。

 その後は両チームチャンスを作るも、ゴールを挙げることはできずに試合は終了。U−20日本代表は本選に向けて、大きな弾みをつけることができた。

 U−20日本代表は21日、南アフリカ戦からU-20韓国W杯グループリーグを戦う。

 【スコア】
U−20日本代表 3−2 U−20ホンジュラス代表

【得点者】
1−0 15分 小川航基(磐田)
1−1 18分 ホンジュラス
1−2 33分 ホンジュラス
2−2 46分 坂井大将(大分)
3−2 62分 板倉滉(川崎)

SOCCER KING 5/15(月) 20:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00587777-soccerk-socc

動画 日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/national_team/u20_2017/news/00013502/

テレビ FIFA U-20ワールドカップ
http://otn.fujitv.co.jp/s_cx/b_hp/917200097.html

Read more
サッカー

【サッカー】<U-20日本代表>ホンジュラスに勝利! 本選に向けて弾みをつける

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/15(月) 20:23:24.23 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zxzPUT5.jpg U−20日本代表は15日、20日から始まるU−20韓国・ワールドカップに向けて、U−20ホンジュラス代表と親善試合を行った。
 
 日本代表の2トップはジュビロ磐田のFW小川航基と京都サンガF.C.の岩崎悠人となり、注目のFC東京U−18FW久保建英はベンチスタートとなった。

 日本がボールを持ち、ホンジュラスがカウンターを狙う展開となったこの試合。15分には早くも試合が動く。坂井大将が蹴ったCKに、小川が頭で合わせてゴール右隅に流し込む。先制点を決めた日本は、試合を有利に進めると思われた。しかし18分、日本の一瞬の隙を逃さずにホンジュラスがカウンター。1対1の状態で右サイドを突破し中央にクロス、中に走り込んだFWが落ち着いて決めスコアをタイに戻す。

 反撃に出たい日本は23分、混戦からシュートを放つも、相手DFの体を張った守備に阻まれ得点することはできない。その後の28分、岩崎が空中のボールを頭で小川に落とす。軌道がずれて小川には届かなかったが、走り込んできた三好康児がダイレクトシュート。しかし、このシュートは枠を捕らえられず。

 追加点が欲しい日本だったが、33分に混戦からボールを奪われショートカウンター、前線の選手にスルーパスが通ってしまう。中山雄太が必死にくらいつくも、このチャンスをしっかり決めたホンジュラスが逆転に成功。1点を先行された日本にチャンスがくる。39分、裏に走り込んだ小川にロングボールが出てくる、しかしボールはわずかに合わず得点には至らない。

 続く45分、左サイドでボールを受けた三好が、中央で待っている小川へパス。ダイレクトでシュートを打つも、ゴールには繋がらず。日本は2点を奪われて前半を折り返す。
 
 後半開始早々の46分、日本にPKのチャンスが与えられる。キッカーの坂井が、ゆったりとした助走からゴール左隅に落ち着いて決め、スコアを2−2にする。立て続けの49分、右サイドでボールを持った堂安律が中央で待っていた三好へパスを送る。ゴール右端を狙ったシュートは枠を外れていった。

 62分、日本は注目の久保建英をピッチに送り出す。直後、日本は代わって入った板倉滉が、CKにヘッドで合わせて3点目を挙げる。72分、久保が魅せる。右サイドでドリブルを開始すると、相手2人をかわし中央へスルーパス。しかし味方にはわずかに合わずGKに取られてしまうが、才能の片鱗を遺憾なく披露する。

 その後は両チームチャンスを作るも、ゴールを挙げることはできずに試合は終了。U−20日本代表は本選に向けて、大きな弾みをつけることができた。

 U−20日本代表は21日、南アフリカ戦からU-20韓国W杯グループリーグを戦う。

 【スコア】
U−20日本代表 3−2 U−20ホンジュラス代表

【得点者】
1−0 15分 小川航基(磐田)
1−1 18分 ホンジュラス
1−2 33分 ホンジュラス
2−2 46分 坂井大将(大分)
3−2 62分 板倉滉(川崎)

SOCCER KING 5/15(月) 20:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00587777-soccerk-socc

動画 日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/national_team/u20_2017/news/00013502/

テレビ FIFA U-20ワールドカップ
http://otn.fujitv.co.jp/s_cx/b_hp/917200097.html

Read more