サッカー

【サッカー】<J実行委員会>秋春制移行へ田嶋会長力説も状況に“変化なし”「J3には代表選手がいないので、皆、ぽかーんとしていた」

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/07/12(水) 06:12:35.34 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MjpZY41.jpg J1、J2、J3実行委員会が11日、都内のJFAハウスで行われ、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)が出席。

各リーグごとに行われた会議で田嶋会長は約30分ずつ、Jリーグを現行の春開幕から欧州主要リーグと同じ夏に開幕し、

春に終了する「夏春制」に移す意向を明かした。自身が留学していたドイツなどを例に挙げ、移行の重要性を伝えた。

ただ、降雪地域のクラブからは反対意見もあり「シーズン移行で入場者数が減った場合などの補填(ほてん)は」などの質問が出た。

議論を重ね年内に方向性を出す方針だ。

7/12(水) 6:04配信  スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000015-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170712-00000015-sph-000-view.jpg

■J実行委 秋春制移行へ田嶋会長力説も状況に“変化なし”

J1、J2、J3の実行委員会が都内で行われ、日本協会の田嶋会長が各会議の冒頭30分間に出席し、現行の春秋制から秋春制へシーズン移行するメリットを力説。

欧州リーグと合わせることによる日本代表の強化などを挙げたが、あるJ3クラブの委員は「J3には日本代表選手がいないので、皆、ぽかーんとしていた」と説話した。

降雪地での冬季の試合開催が困難であることなどを理由に、Jクラブ側に慎重な意見が多い状況に変化はなかったようだ。

7/12(水) 6:01配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000028-spnannex-socc

Read more
サッカー

【サッカー】<Jリーグでオールスター開催を!>DAZN効果を最大限にする為に「これからサッカーを好きになる人」を増やす工夫が必要

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/07/12(水) 12:14:12.74 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/seDczPN.jpg 【No Ball,No Life】

J1のリーグ戦は8、9日に行われた第18節をもって夏の中断期間に入った。再開するのは月末の29、30日。

期間中に天皇杯3回戦を消化するチームもあるが、リーグ戦の中断は約3週間にも及ぶ。昨季までの2ステージ制から1ステージ制に戻った今季、この中断期間は各クラブにとってビジネス面でも、強化面でも重要な時期であることは確かだ。

 中断期間の過ごし方は各チームさまざま。昨季王者の鹿島はセビリア(スペイン)、浦和はドルトムント(ドイツ)を招くように海外の強豪と国際親善試合を行うクラブもあれば、ドイツ遠征に出るFC東京のように、海外に出て現地クラブの胸を借りるクラブもある。

 一方、国際親善試合を行うのではなく、北海道などの涼しい地域でミニキャンプを実施して後半戦に備えるクラブもある。ファン感謝イベントをこの時期に設定するクラブもある。

 貴重な夏休み、各クラブ、それぞれの意図があって、中断期間を有意義なものにしようと工夫を重ねていることは間違いない。ただ、各チームがばらばらに動き過ぎている印象も否めない。海外クラブとの試合にしても、浦和−ドルトムントこそチケット販売状況は好調というが、鹿島−セビリアやC大阪−セビリアは苦戦中と聞く。

 「アウェークラブのサポーターが動員できる分、通常のリーグ戦の方がチケットを売りやすいのかもしれません」とはある関係者の言葉。ドルトムントやセビリアは確かに強豪クラブで玄人好みのカードだが、新規ファンを呼び込むほどの集客力はない。いっそ、迎え撃つのが「Jリーグオールスター」なら、リーグ全体を盛り上げるイベントにできたのではないか。

 Jリーグは今季から映像配信サービス「DAZN」の中継がスタート。これまでテレビ中継されなかったようなカードも視聴できる環境ができた。だが半面、Jリーグが地上波に流れる機会は減る。DAZNの効果を最大限にするためにも、「これからサッカーを好きになる人」を増やす工夫が必要だ。

 いまや日本代表の半数以上が海外組。Jリーグの存在感をアピールするためにも年に1回、必ずJリーガーが地上波に登場する機会があっていい。オールスター戦の復活を検討してもいいのではないか。(清水公和)

7/11(火) 16:30配信 サンケイスポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000527-sanspo-socc

◆DAZN
https://www.dazn.com/ja-JP

◆DAZN for DOCOMO
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d

Read more
サッカー

【サッカー】あのバティストゥータ、今は歩行困難 現役時代の酷使で痛み「足を切り落としてほしい」

1 :( ´∀`) ★@\(^o^)/:2017/07/11(火) 19:02:57.00 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7Ktx5P8.jpg 7/11(火) 15:26配信
あのバティストゥータ、今は歩行困難 現役時代の酷使で痛み「足を切り落としてほしい」

 1990年代を代表する名ストライカーと言われれば、コパ・アメリカでの大会得点王やセリエAでの得点王、連続ゴール記録など数々の輝かしい記録を持つ、アルゼンチンのガブリエル・バティストゥータを思い浮かべる人は少なくないだろう。

 そんなバティストゥータが現在は歩行困難になっていると、国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルマガジン「FIFA 1904」(2017年7・8月号)で告白している。

■2014年に足を治療していたが

 バティストゥータが引退したのは2005年だった。国際試合では56得点、イタリアではACFフィオレンティーナに在籍した9年間で168得点を挙げ、17年の現役生活における通算得点は246得点に達する。

 その正確なシュートはもちろん、激しい当たりにも負けないタフさや打点の高いヘディング、パワフルなフリーキックとまさしくストライカーという存在を体現するような選手だった。

 特にサッカーファンではないという人でも、日本が初めてワールドカップ本大会出場を果たした1998年のフランス大会で、日本の初戦となったアルゼンチン戦において1点を奪ったのがバティストゥータだったと聞けば思い出す人もいるだろう。

 そんなバティストゥータだが、2011〜12年ごろに「酷使してきた足が限界となり、立っているのもやっとの状態」とする報道が流れたことがあったものの、当初本人は否定していた。

 しかし、2014年に英国のサッカー雑誌「World Soccer」の取材に対し引退直後から激しい足の痛みに悩まされ、ベッドから3メートル程度しか離れていないバスルームにすら歩いていけないことがあったと明かしている。

 本人が「足に殺されると感じた」と表現するほどの痛みで、耐えかねて駆け込んだ整形外科で「痛みがひどいので足を切り落としてほしい」と医師に懇願したほどだったという。医師はバティストゥータの足関節の軟骨がほとんど摩耗してしまっていたことによる痛みであるとし、関節を保護する処置を施すことで症状は改善されたとしていた。

 だが、「FIFA 1904」による最新のインタビューの中で、「今は歩くのが難しい(Now I have difficulty walking)」と語っている。

自分にできる以上のことをした

 現在の歩行困難の状態についてバティストゥータは詳しく語っていないが、2014年の治療後もあまり思わしくなかったのかもしれない。現役時代も引退前の数年間は膝の故障に悩まされ思うようにプレーができなかった時期もあり、すでに足が限界を迎えていたのだろう。

 実際、「自分が貢献できるプレー以上のプレーをし続けたため」だと語り、現役時代のプレーで足を酷使したことが原因だったと匂わせている。しかし、そのことを後悔してはいないようで、「サッカーは私の情熱だった」と断言。

  「私はサッカーに生きていたし、それがすべてだったんだ」

とも語っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000005-jct-ent

Read more
サッカー

【サッカー】小柳ルミ子さん、憧れのピケとの対面に泣き崩れる…「こんな感情が残っていたなんて」

1 :ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/07/11(火) 22:05:43.12 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zzNapCA.jpg  無類のバルセロナファンとして知られる歌手で女優の小柳ルミ子さんがDFジェラール・ピケと対面を果たした。11日、自身のブログ
(https://ameblo.jp/rumiko-koyanagi/)を更新し、「ピケ 素晴らしい方でした」と題した投稿をした。

 小柳さんは休暇中に日本を訪れているピケと「Abema TV」に出演。感動の対面に、歓喜のあまり泣き崩れてしまったことを写真付き
で報告。「ご理解頂けないと思いますがまだ現実に戻れてません、私」「あらゆる経験をして来た私にまだこんな感情が残っていたなん
て」と興奮が冷めやらぬ様子で綴った。

 また、小柳さんは15日にフジテレビ系で放送する明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017、浦和レッズ対ドルトムントの副音声
で解説デビューをすることも報告。「言いたい事を言わせて頂きます」と意気込みを語っている

ゲキサカ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-01641655-gekisaka-socc

Read more
サッカー

【サッカー】トッティ、東京V移籍か、(フロントとして)ローマ残留の二択に絞った

1 :ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/07/09(日) 22:36:46.51 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hCpqGIO.jpg  J2東京ヴェルディの羽生英之社長(53)が9日、今季限りでイタリア1部ローマを退団する元イタリア代表FWフラ
ンチェスコ・トッティ(40)の獲得に動いている件について、代理人側から「(フロントとして)ローマに残るか、東京Vで
現役を続けるのかの二択になった。米国の件は消えた」と話があったことを明らかにした。

 羽生社長は同日、東京・味の素スタジアムで行われたファジアーノ岡山戦後、報道陣の取材に応じた。その中で、
トッティが米MLSのマイアミと、ロサンゼルスのチームから獲得のオファーがあったが「それはなくなった」ことも明ら
かにした。代理人側からは6日に連絡があったというが、その中で「ローマのトッティで終わってほしいという声は、や
はりすごくある」と、地元から移籍に反対の声が出ているという話もあったという。

 伊紙コリエレ・デロ・スポルトによると、トッティは現在、スペインのリゾート地イビサ島でバカンス中だという。羽生社
長は「(ローマは)すごい騒ぎになっていて、本人も普通に考えられる状況じゃないと聞いている。だから1人で旅行に
行って、1人で考えて決めたいと言っているみたいなので、本人も相当悩んでいるんじゃないですか」とトッティの心中
をおもんぱかった。

 獲得に動いていることが明らかになった6月25日から、約2週間が経過した。移籍のウインドーは21日に開くため、
そこまでに獲得できた場合、最短では22日のカマタマーレ讃岐戦への出場も可能になる。羽生社長は「(決断の)デッ
ドラインをここまでにしてほしいと言うのか、ゆっくり考えてもらった方がいいのか…」と悩ましい心中を吐露した。

 トッティの獲得がかなわなかった場合、他の選手の獲得に動くか聞かれると、羽生社長は「それは、ない。トッティス
ペシャル。ダメだったら他の選手という話にはならない」と断言。「選手の人数は足りていることは足りている」と話した。

 関係者によると、トッティ側からは300万ユーロ(約3億7500万円)を示されているという。

日刊スポーツ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-01852873-nksports-socc

Read more
サッカー

【サッカー】J1第18節 阿部が叫んだ!! 浦和、意地の逆転勝利!! ミシャ進退言及後の一戦で勝ち点3獲得

1 :Glide Across The Line ★@\(^o^)/:2017/07/09(日) 20:33:39.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/epoxIMx.jpg 阿部が叫んだ!! 浦和、意地の逆転勝利!! ミシャ進退言及後の一戦で勝ち点3獲得
7/9(日) 20:26配信

[7.9 J1第18節 浦和2-1新潟 埼玉]

 J1リーグは9日に第18節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズとアルビレックス新潟が対戦。前半35分にMF小泉慶のゴールで新潟が先制したが、後半29分にMF阿部勇樹のゴールで同点に追い付くと、同34分にFWラファエル・シルバが決勝ゴールを奪い、浦和が2-1の逆転勝利を収めた。

 6日の第13節川崎F戦(●1-4)後、ペトロヴィッチ監督が自身の進退について言及した浦和は、川崎F戦から先発2人を入れ替えてMF武藤雄樹、DF那須大亮らを先発起用。一方、クラブワースト5連敗中のアウェー新潟は1日の磐田戦(●0-2)から先発1人を入れ替え、FW鈴木武蔵らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 序盤から圧倒的にボールを保持する浦和は前半10分、那須のサイドチェンジに反応した右サイドのMF関根貴大がダイレクトで中央に折り返すと、走り込んだ武藤が左足で合わせるもシュートはGK守田達弥の守備範囲に飛んでしまう。さらに同13分には左サイドを突破したMF宇賀神友弥のクロスからFWラファエル・シルバがヘディングシュートを放つが、ゴールマウスを捉え切れなかった。

 守備に回る時間が長くなる新潟はなかなか敵陣深くまでボールを運べず、前半27分に左サイドから切れ込んだMFチアゴ・ガリャルドがミドルシュートを狙うもボールは枠上に外れた。しかし同35分、新潟が先制に成功する。浦和のCKが流れるとカウンターを発動させて左から右に展開。最後はMF矢野貴章のクロスがGK西川周作に弾かれたボールがFW山崎亮平に当たると、こぼれ球をMF小泉慶がヘッドで押し込んでスコアを1-0とした。

 1-0と新潟がリードしたまま後半を迎えると、同10分にCKのこぼれ球を拾った山崎がミドルレンジから狙うも、シュートは西川の正面を突いてしまった。1点のビハインドを背負う浦和は同12分、武藤に代えてMF駒井善成を投入。その後は浦和が圧力を強めて押し込む時間帯が続くが、新潟の体を張った粘り強い守備を崩し切れずに時間が進んでいく。しかし同29分、DF森脇良太のシュートはポストに阻まれたものの、はね返りをMF阿部勇樹が冷静に蹴り込んで試合を振り出しに戻した。値千金の同点弾を沈めた阿部は感情を爆発させ、チームメイトを鼓舞した。

 キャプテンの一撃で勢いに乗った浦和はさらに後半34分、MF柏木陽介が蹴り出したCKからR・シルバが放ったヘディングシュートは守田に弾かれたが、こぼれ球をR・シルバ自らが蹴り込んで一気に逆転に成功。そのまま逃げ切った浦和が2-1の逆転勝利を収めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-01641587-gekisaka-socc

Read more
サッカー

【サッカー】クリスティアーノ・ロナウドのヘディングは最高到達地点3メートル 一般人が真似するとこうなる(動画あり)

1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/08(土) 21:05:14.79 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/esDj8Nx.jpg リオネル・メッシと並び“世界最高のサッカー選手”と称されるクリスティアーノ・ロナウド。
彼のずば抜けた身体能力の高さを象徴する1つに「ヘディングの高さ」が挙げられます。
そんなロナウド選手のヘディング到達地点がどれだけ高いのか、一般人が試してみたそうです。

http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/0/7/073b0d44-s.jpg

動画:https://youtu.be/WMQuipwI57E

壁の写真は、実際にロナウド選手がゴールを決めたときを再現したもの
http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/0/d/0d63aab2-s.jpg

ロナウド選手はボールより頭ひとつ上まで跳んでいますが……。
http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/0/d/0d63aab2-s.jpg

一般の男性たちは必死にジャンプしても近づくことさえできません。
http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/1/6/160f53fd-s.jpg

一般の男性たちは必死にジャンプしても近づくことさえできません。
http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/c/7/c7fb88a7-s.jpg

ちなみにロナウド選手は身長185cm。長身ではありますが、サッカー選手としてはずば抜けて高いというほどではありません。
しかし驚異的なジャンプ力により、最高到達地点は3m近いとのことです。
海外掲示板のコメントをご紹介します。

————————–
●白いシャツの男性はレフリーなのかい?
●後ろの写真からすると、ロナウド選手はボールの位置よりかなり上にジャンプしているね。ぎりぎり届いたのではなく力強くヘディングしている。
●そこまで高くジャンプするコツは、ワールドクラスの選手になることである。
↑あるいはイスを持ってきてそこに立つ。
↑もっと背が高くなる。
↑みんななんでワールドクラスの選手にならないんだろうな。意味がわからないよ。
↑貧困な人はなんで自分のためにチャンスを作らないんだろうな、と同じ理屈。
↑カジノでも、なんで負けるところに少なく、勝つところに多く賭けないんだろうな。
↑待て、それが正しい賭け方だったのか? なんてこった。
●チャンピオンリーグでレアルマドリードとマンチェスターユナイテッドの試合で(2013か2012)、当時のファーガソン監督をすごいと言わしめたヘディング。
https://youtu.be/vfUvdz_0GtE
↑わお、クレイジーだ。
↑そんな走り回ってるのに、なんだって髪がそんなパーフェクトなんだ。何を使っているんだ?
●ロナウド選手は簡単にそれより高く跳べる。ボールに合わせてるにすぎない。ひたすら高く跳んでいるだけではないよ。これがいい例。
http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/e/7/e702bbf4-s.jpg
↑ロナウドのドルフィンというニックネームはこれが理由?
————————–

身体能力に感心する人ばかりでした。
さすがワールドクラスの選手ですね。

http://labaq.com/archives/51885868.html

Read more
サッカー

【サッカー】欧州派遣Jリーグコーチに聞いた「日本人選手が10代後半で伸びなくなる理由」

1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/09(日) 01:15:24.72 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/aJwkKyH.jpg 日本サッカー協会とJリーグによる育成年代の強化を目的とした協働プログラム(JJP)によってアンデルレヒト(ベルギー)に渡った坪倉進弥氏の経験は、まだわずか4カ月だというのに相当濃いものとなっていた。
年齢と経験を経てからの異文化経験も、若い頃のそれとは違った意味で、意義深いものとなりうるのだと、あらためて感じられる。

写真:去年11月の国際大会に出場したアンデルレヒトの下部チーム。育成には定評がある
http://image.news.livedoor.com/newsimage/b/8/b8059_1112_d8fd627e5f39befa002547416790db34.jpg

——1年間の研修中にはいろいろなことがありそうですね。

「4ヵ月でもいろいろ感じます。『日本と世界の差は?』と聞かれても全くわからないですよ。
基本的に『日本とベルギーの違いは?』というように、あまりしょっちゅう比べないように意識しているんです」

——なぜですか?

「日本で培ってきた基準ではなく、新たにサッカー指導者を始めた感覚で、先入観を持たないようにしているんです。
あ、これはいいな、これはどうなのかなと感じたら、それをひたすら考えるようにしています。
どうして僕の中でいいと感じたのかなどと、考え続けるんです。
考え続けて自分が導いた答えを、こちらのコーチに当てたり、『あの練習の狙いはどうだったのですか』と聞いたりするんです。
するとやっぱり一致することもあれば、そうだったのかということもある。
あとは、同じ質問を複数のコーチにするということは意図的にやっています」

写真:アンデルレヒト(ベルギー)に1年間、派遣されている坪倉進弥氏
http://image.news.livedoor.com/newsimage/1/a/1a03d_1112_332b5467cb37101342334cb803da7a43.jpg

——日本のクラブに外国人のコーチが来たときのことを想像すると、そんな環境を作るのは難しそうですね。

「仮にベルギー人の指導者が日本に来たら、その人に気を遣っちゃって、そういう日常は作れないでしょうね。
こちらでは、全然気を遣ってない雰囲気の中で、一歩入ったらすんなり受け入れてくれる感じがあります」

——話は変わりますが、U-15、16くらいの若年層までは、日本は強い印象がありますが、大人になるにつれて世界に通用しなくなるような気がします。どう思われますか?

「僕もそこを知りたいです。ひとつにはフィジカルの要素があると思います。
U-17からU-20くらいになると、強さ、速さ、高さに差が出てきますよね。
ふたつ目の要素として、U-18からU-20前後で試合の経験値の差が出る。
ヨーロッパのほうが場数が多いし、緊張度の高い試合が確保されている。
この2点は日本にいるときからなんとなくそうだなと感じていて、こちらに来て実際に確認できたことです。

もうひとつ。先日オランダのアヤックスに行き、白井さん(裕之氏。アヤックスのユース年代専属アナリスト)と会ってお話をしたんです。
その時に、三つ目の要素のことをおっしゃっていました。日本の選手のよさとして、瞬間、瞬間で即興のプレーができる。
お互いわかりあえるし、隣の人のことを気にかける習慣ができているから、隣の人の動きを気にしながらやるということはすぐできる。
サッカーにおいてもその特徴が出て、アヤックスの指導者がJリーグ選抜とアヤックスの試合を見た時に、『いつも思うけど、どうして日本人は即興の連続でプレーできるんだ?』と言うらしいのです。

どういうことかというと、『オランダのサッカーはある程度「型」がある。
その中でプレーしているから、15歳、16歳でそれと全く違うことを日本人にやられると、対応しきれない』ということなんです。
速くてつかまえられないと感じる。
だから年齢が若いと対応できないのだけれど、18歳くらいを過ぎると、トップに残っているのはインテリジェンスもある選手だから、だんだん対応できてくるらしいのです。
そうなってくると日本は打つ手がない。即興性を消されたら、何で勝負するか。
体もスピードも、決定的な強みがない。これはひとつの考え方だと思いました」

——どうしたらいいのでしょう。

「即興性のいいところは相手が読めないことです。デメリットは同じことをもう一度やることができないことです。
だから、はまるときははまる。はまらなかったらはまらない。
自然発生的にゴールが生まれたら、似たようなやり方はできるけど、同じことはできないし、対応されたら何をしたらいいかわからないですよね。

※続きます
http://news.livedoor.com/article/detail/13310227/

Read more
サッカー

【サッカー】<J1第18節>C大阪“正式に”12年ぶり首位!柏に逆転勝ち 鹿島ドローで首位陥落 中2日の川崎、鳥栖に逆転勝ち!

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/07/08(土) 21:04:33.82 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XQFz2Ty.jpg ■大宮アルディージャ 2-1 北海道コンサドーレ札幌 [NACK]

[大]大前元紀(47分)
[大]江坂任(49分)
[札]福森晃斗(81分)
[札]福森晃斗(90分+6)

■FC東京 2-2 鹿島アントラーズ [味の素スタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/070803/live/livetxt/#live

[F]橋本拳人(44分)
[F]橋本拳人(47分)
[鹿]ペドロ・ジュニオール(16分)
[鹿]ペドロ・ジュニオール(76分)

■横浜Fマリノス 1-1 サンフレッチェ広島 [日産ス]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/070804/live/livetxt/#live

[横]前田直輝(81分)
[広]アンデルソン・ロペス(90分)

■ジュビロ磐田 1-0 ヴァンフォーレ甲府 [ヤマハ]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/070805/live/livetxt/#live

[磐]川又堅碁(14分)

■セレッソ大阪 2-1 柏レイソル [金鳥スタ]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/070806/livetxt/#live

[柏]武富孝介(41分)
[C]杉本健勇(61分)
[C]ソウザ(70分)

■ヴィッセル神戸 3-0 ベガルタ仙台 [ノエスタ]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/070807/live/#live

[神]三原雅俊(29分)
[神]渡邉千真(31分)
[神]ニウトン(65分)

■サガン鳥栖 2-3 川崎フロンターレ [ベアスタ]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/070808/live/#live

[鳥]原川力(39分)
[鳥]趙東建(42分)
[川]谷口彰悟(56分)
[川]エウシーニョ(58分)
[川]小林悠(62分)

【サッカー】<J1第18節>清水エスパルス、G大阪に完封勝ちでホーム2連勝!テセ&チアゴ不在も両SBが揃い踏み©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1499512139/

◆順位表
http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

◆エルゴラ
http://sp.soccer.findfriends.jp

◆DAZN
https://www.dazn.com/ja-JP

◆DAZN for DOCOMO
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d

Read more
サッカー

【サッカー】<エジル>“トルコNo.1”の極上美女と休暇! ファンも驚愕!「こんな美人見たことがない」

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/07/07(金) 02:24:45.33 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/NMXsAfy.jpg 最高のひと時を過ごす

完璧な容姿と抜群のスタイルが、メスト・エジルの視線を独占している。
イングランドの名門アーセナルでイマジネーション豊かなフットボールを牽引する男は今、あまりにもホットな夏を過ごしているようだ。

2016-17シーズンは32試合に先発出場し、ゴールやアシスト、そして巧みなゲームメイクをも担ってしまう魔術師エジルだが、
現在は極上の美貌を誇るフィアンセ、アミーネ・グルゼさんと共に束の間の休暇を楽しんでいる。

グルゼさんはそのあまりにも美しい顔立ちにより、2014年度のミス・トルコを受賞。
現在はドイツ最高のフットボーラーを携え、世界中から羨望の眼差しを受け続けていることは言うまでもない。

英紙『Daily Mail』はそんなセレブな2人がサマーバケーションを満喫中だと報じ、
行き先は定かでないものの、“温暖な気候”のエリアへ赴き、英気を養っていると伝えた。

エジル自身もSNS上に彼女とのセルフィーを掲載するなどし、ピッチ上ではなかなか見られない柔らかな笑顔をファンに届けると、
「こんな美人は見たことがない」「とてつもない美人とカネ、他にエジルに必要なものはあるか?」などのコメントが寄せられている。

所属するアーセナルとの契約満了が近づき、他クラブへの移籍も視野に入れているとされるエジル。
もちろん彼がどこへ行こうとも、その隣には心強い“トルコNo.1”が付いており、その挑戦を大きく後押しすることになるだろう。

2017年07月05日(水) 12時48分 THE WORLD
http://www.theworldmagazine.jp/20170705/01world/england/139272

写真
http://i1.wp.com/www.theworldmagazine.jp/wp-content/uploads/2017/07/153.164.176.37-1499226158-min.jpg?w=620
http://i0.wp.com/www.theworldmagazine.jp/wp-content/uploads/2017/07/153.164.176.37-1499226188-min.jpg?w=730

【サッカー】<アーセナル>68億円+αでラカゼットの獲得を発表!クラブ史上最高額を更新
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1499296727/

Read more