サッカー

【サッカー】 開幕戦観衆1万7667人、8度目クラブW杯日本開催で最少に

1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 23:33:07.60 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/CaXAPFJ.jpg クラブW杯1回戦(8日、鹿島2−1オークランド、横浜国)観衆は1万7667人にとどまり、
8度目の日本開催の開幕戦で最も少ない数字となった。

Jリーグクラブの出場試合では2012年の5位決定戦、広島−蔚山(韓国)の1万7581人が最少記録。
http://www.sanspo.com/soccer/news/20161208/jle16120823120021-n1.html

Read more
サッカー

【サッカー】<クラブW杯>鹿島アントラーズ×オークランド・シティ スタメン発表!19時30分にキックオフ!BS日本テレビ生中継

1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 18:57:30.64 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Gp4opKr.jpg 試合は19時30分にキックオフ!
クラブ世界一を決めるクラブワールドカップ2016は12月8日、横浜国際競技場で鹿島対オークランド・シティの開幕戦で幕を開ける。
 
19時30分のキックオフに先立ち、両チームのスターティングメンバーが発表された。
鹿島のスタメンは以下の通り。左足首を捻挫している金崎夢生はベンチスタートとなった。
 
GK
1 曽ヶ端準
 
DF
3 昌子 源
14 ファン・ソッコ
16 山本脩斗
22 西 大伍
 
MF
6 永木亮太
10 柴崎 岳
25 遠藤 康
40 小笠原満男
 
FW
8 土居聖真
11 ファブリシオ
 
●ベンチメンバー
GK
1 櫛引正敏
29  川俣慎一郎
 
DF
17  ブエノ
23 植田直道
24 伊東幸敏
 
MF
13 中村充孝
20 三竿健斗
32  杉本太郎
35 平戸大貴
 
FW
18 赤崎秀平
33 金崎夢生
34 鈴木優磨
 
監督
石井正忠

SOCCER DIGEST Web 12/8(木) 18:42配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00021072-sdigestw-socc

日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/fcwc/

BS日テレ
http://www.bs4.jp/guide/sports/cwc/

【サッカー】<鹿島アントラーズ>オークランドになめられた!敵将「浦和が勝ち上がると…」/クラブW杯
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481157131/

サッカーch
http://rio2016.2ch.net/livefoot/

Read more
サッカー

【サッカー】<クラブW杯>鹿島アントラーズ、金崎夢生のヘディング弾で逆転勝ち 初出場でオークランドとの開幕戦飾る

1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 21:23:17.35 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bsEu2LE.jpg 会場:日産スタジアム

◆鹿島アントラーズ 2 – 1 オークランド・シティ

[オ]キム・デウク(50分)
[鹿]赤崎秀平(67分)
[鹿]金崎夢生(87分)

・鹿島アントラーズ

曽ヶ端準、昌子源、ファンソッコ、山本脩斗、西大伍■、永木亮太、柴崎岳、遠藤康→中村充孝、小笠原満男→金崎夢生、土居聖真、ファブリシオ→赤崎秀平

・オークランド・シティ

スビカライ、岩田卓也、ベルランガ、ホワイト、キムデウク、リエラ、タバーノ、ルイス、ジョアン・モレイラ、デ・フリース→マイカ・リーアラファ、タデ→ニコライ・ベリー

Goal.com
https://goo.gl/o67zgc

FIFA.com
http://www.fifa.com/clubworldcup/index.html

日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/fcwc/

Read more
サッカー

【サッカー】槙野 来季も浦和残留へ!広州恒大からの破格オファーに断り

1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 05:56:11.04 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bNUy1QN.jpg スポニチアネックス 12/8(木) 5:37配信

来季も残留する見通しとなった浦和DF槙野

 CSで2位に終わった浦和の日本代表DF槙野智章(29)が、来季も残留する見通しとなった。

 中国王者の広州恒大から年俸は言い値という破格のオファーを受けたが、この日までに断りを入れたことが判明。ブラジル代表監督などを歴任した名将フェリペ監督が直々に指名するなど高い評価を受け、「慎重にならざるを得ない。ゆっくり考えたい」と胸中を吐露していたものの、来季も浦和の一員としてリーグやACLで悲願のタイトルを目指すことを決断した。

 この日、浦和は新潟のFWラファエル・シルバ(24)、千葉のFWオナイウ阿道(21)の完全移籍での獲得と、J3鳥取に期限付き移籍をしていたGK福島春樹(23)の復帰を発表した。神戸に期限付きで移籍中だったDF橋本和(30)を完全移籍で手放す形となったが、覇権奪回を狙う来季へ向けて、着々と準備を進めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000002-spnannex-socc

Read more
サッカー

【サッカー】ヤングなでしこ、3位 上野弾で米国に勝利 自国開催以外では初の快挙 U20女子W杯

1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 16:57:13.41 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MbvPrs6.jpg ◇U—20女子W杯3位決定戦 日本1—0米国(2016年12月3日 ポートモレスビー)

 サッカーのU—20女子ワールドカップ(W杯)は3日、パプアニューギニアのポートモレスビーで3位決定戦が行われ、準決勝でフランスに敗れて初の決勝進出を逃した日本(B組1位)は米国(C組1位)と対戦。FW上野真実(20=愛媛)が終了間際に決勝ゴールを決めて1—0で勝利を収め、2012年以来2度目、自国開催以外では初の3位となった。

 日本は前半から圧倒的に支配しながらなかなかゴールを奪えないでいたが、スコアレスドロー寸前の後半42分に左サイドでボールをつなぎ、後半から出場していた上野がペナルティーエリア左から左足で狙ったシュートがゴール右隅に吸い込まれて先制。大会規定で延長戦はなく、90分で引き分けなら即PK戦に突入するところだったが、最後の最後に1点をもぎ取って3位の座に輝いた。

 なでしこジャパン監督兼任の高倉麻子監督(48)率いる日本は、自国開催で過去最高の3位となった2012年以来2大会ぶり5度目の出場。初の決勝進出は逃したが、最後は白星で締めて有終の美を飾った。

【U—20女子日本代表の今大会成績】

11月13日 1次リーグB組 ○6—0ナイジェリア

   16日 1次リーグB組 ●0—1スペイン

   20日 1次リーグB組 ○5—0カナダ

   24日 準 々 決 勝 ○3—1ブラジル

   29日 準  決  勝 ●1—2フランス

12月 3日 3位決定戦   ○1—0米  国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000131-spnannex-socc

Read more
サッカー

【サッカー】「DAZNマネー」で潤うJリーグ…放映権収入は3倍超の176億円、クラブへの配分金も倍増

1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/07(水) 18:24:21.36 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/U3YUIMA.jpg Jリーグが7日に開催した総会で2017 年度(平成 29 年度) の公益社団法人・日本プロサッカーリーグの予算を承認した。

Jリーグは今年、動画配信大手の英パフォーム・グループと放映権契約を結んだ。
それにより、来季からJリーグの全試合がスポーツ中継サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で放送されることが決まり、
多くの「DAZNマネー」が入ると予想されていたが、想像以上の額となることが明らかになっている。

放映権収入は2016年度の50億5500万円から3倍以上の176億8200万円へと増加。
さらにそれによるクラブへの配分金も73億9000万円から135億400万円へと倍増している。

放映権収入で潤うJリーグ。各チーム、オフシーズンの動き方も例年とは変わってくる可能性があるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000014-goal-socc

Read more
サッカー

【サッカー】中国初のサッカー国際公式試合に強豪国を招かず、リッピ監督「選手たちが自信失う」—仏メディア

1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/06(火) 22:06:27.39 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/dT03euN.jpg 2016年12月4日、中国で来年1月に開催されるサッカーの国際公式試合「チャイナカップ」の招待国がチリ、クロアチア、アイスランドに決まったことについて一部で疑問の声が聞かれる中、中国代表のマルチェロ・リッピ監督が、選手たちが自信を失わないために欧州や南米のトップクラスの強豪国を招待しないよう求めていたことが分かった。仏RFIが伝えた。

チャイナカップは中国不動産大手ワンダグループ(大連万達集団)がスポンサーとなり来年から毎年開催される国際サッカー連盟(FIFA)認定の国際Aマッチ(年齢制限のない代表チーム同士の国際公式試合)。第1回大会は来年1月9日から16日まで広西チワン族自治区南寧市で計4試合が行われる。

香港・東網によると、ワンダグループの王健林(ワン・ジエンリン)会長はこのほど、北京で行われたスポーツ産業関連フォーラムで、「チャイナカップには当初、欧州や南米のトップクラスの強豪国を招待する予定だった。だが中国代表ヘッドコーチが、W杯最終予選を戦っている最中の選手たちが自信を失うことを懸念したため、強豪国に参加を要請しなかった」と明らかにした。(翻訳・編集/柳川)

http://www.recordchina.co.jp/a156836.html

Read more
サッカー

【サッカー】今も、横断幕「JAPANESE ONLY」の話をする目には涙が。李忠成が「浦和の一員」になるまで。

1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/12/06(火) 18:04:13.96 ID:CAP_USER9

李と森脇は受け付けない

Number Web 12/6(火) 17:01配信

 帽子を深々とかぶって、クラブハウスから荷物を運び出す。その目は涙ぐんでいた。

 浦和レッズは3日のJリーグチャンピオンシップ第2戦で鹿島アントラーズに敗れ、アウェーゴール数の差でチャンピオンの座を逃した。そのため、翌日がチームとしての今季の活動最終日となった。選手たちはオフに必要な荷物などを整理し、クラブハウスから自分の車へと積み込んでいく。シーズン最終戦となったゲームで出番が訪れなかったFW李忠成にとっても、それは同じだった。

 段ボールに入れたトレーニング用のシューズや着替えなどを運び出しながら、鼻をすすりあげるような音も聞こえた。無念さがどこまでも伝わってきた。

 敵地で1-0の勝利を収めた11月29日の第1戦で、李は間違いなくチームの勝利を引き寄せた主役の1人だった。前線で何度となく体をぶつけながらボールをキープし、ピッチに倒れ込んでも起き上がってプレーを続けた。試合終了間際の疲労がピークの時間帯に、カウンター攻撃を受けそうな場面では自陣まで全力疾走してピンチの芽を摘んだ。試合後には「今日、眠れるか心配」と言うほど、体中に痛みを感じていた。

■李「自分はスーパープレーヤーじゃないから」

 その痛みは、現実的なダメージを伴っていた。第2戦の前日練習で、李は紅白戦を半分だけで切り上げた。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督に、息苦しさを示すようなジェスチャーで何かを伝えた。ホームでの第2戦ではスタメンに彼の名が無かった。チームは後半26分に交代枠を使い切ったが、同34分に勝ち越しゴールを許し、浦和はDF槙野智章を前線に上げてパワープレーを仕掛けた。

 ベンチの前で声を張り上げて仲間を鼓舞する彼が、ピッチの上にいれば——。

 「出たかったけど……。肋骨がいっちゃってました(骨折)から。薬を飲んだらだいぶ良くなって動けた感じはあったけど。(第1戦の)終盤に曽ヶ端選手とぶつかったところですね。呼吸するだけで痛いしね。(前日練習も)できなかったから。

 自分にとってもあの舞台に立てなかったことは残念だった。ケガもあったし、なければ最初から出ていたと思う。(第2戦のチームが)戦えていなかったから、プレーでメッセージを与えられたらという思いはありましたね。自分はスーパープレーヤーじゃないから、1戦目みたいな感じで、プレーでメッセージを与える選手だと思う。それができれば、違う展開になっていたのかもしれない」

■「JAPANESE ONLY」の話をする目には涙が……。

 前日練習の途中でジェスチャーを交えて伝えていた症状は、肋骨の骨折によるものだった。満身創痍の中で出場したい気持ちも、チームに伝えたいメッセージも届かなかった。「レアル(マドリー)とやるつもりだったから。ケガしちゃったけど、最後は……」と、クラブワールドカップを見据えていた中で、シーズンオフの始まりが唐突に訪れてしまった。

 それでも、今季の彼が浦和にとって大きな存在だったのは間違いない。10月15日のルヴァン杯決勝のガンバ大阪戦では、途中出場で起死回生の同点ゴールを決めて、クラブの国内10シーズンぶりのタイトル獲得に大きく貢献した。途中出場のために彼がピッチの脇に立った時、間違いなく浦和のサポーターには期待感と、託すような思いがあふれていた。そうした変化をどう感じ取ったのかを問いかけた時、「正直……」と話し始めようとした彼の目から涙がこぼれた。

 「レッズにきて、本当に自分以外の人たち、家族が悲しんだのが本当に辛かった。『JAPANESE ONLY』から始まり、ウチの実家も1週間警察がついていたくらい、周りの人たちが大変だった。うちの親も最初は来ていたけど、色々なことを聞いて途中から来なくなった。何か、試練というか……」

■李は、横断幕を自分へのメッセージだと受け取った。

 李が浦和に加入したのは2014年シーズンだった。同時期に加入したGK西川周作と第1次キャンプの中から合流してきた。サンフレッチェ広島時代に旧知のペトロヴィッチ監督の戦術だけに、チームへの溶け込みは非常に早かった。「ゴールとタイトルを浦和に」と、意欲にあふれたスタートを切った。

 それでも、開幕からわずか2試合目、ホーム開幕戦のサガン鳥栖戦のことだった。後に社会問題にもなった「JAPANESE ONLY」の横断幕が埼玉スタジアムの浦和ゴール裏ゲート入り口に掲げられた。その真意は、結局のところ掲げた者にしか分からない。しかし、李はそれを自分へのメッセージだと受け取っていた。

>>2以降に続きます

Number Web 12/6(火) 17:01配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161206-00827019-number-socc

Read more
サッカー

【サッカー】<ドイツ紙>2試合連続スーパーサブのMF宇佐美貴史を酷評!>「攻撃的なアクションが全くなかった」

1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/12/05(月) 21:17:40.24 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/aM7ATRy.jpg 4日のフランクフルト戦で後半29分から途中出場も…地元紙は沈黙ぶりを一刀両断

アウクスブルクのFW宇佐美貴史は、4日の本拠地フランクフルト戦で後半29分から途中出場を果たした。リーグ戦で8月27日の開幕ヴォルフスブルク戦以降、11試合連続で出番のなかった宇佐美は、ここ2試合連続でスーパーサブとしてピッチを踏みしめたが、ドイツ地元紙は「攻撃的なアクションが全くなかった」と酷評している。

 ドイツ地元紙「アウクスブルガー・アルゲマイネ」はフランクフルト戦の選手採点を公開した。韓国代表FWチ・ドンウォンら3選手が最高点の2.5(1点が最高、6点が最低)を手にするなか、出場時間の短かった宇佐美は採点なしに終わった。

 FWフィリップ・マックスと交代でピッチに送り出された宇佐美について、寸評では「左サイドで起用された。公式戦の実働時間で何回かボールタッチできたが、攻撃的なアクションは全くなかった」と分析。攻撃面で違いを見せるはずの宇佐美の沈黙ぶりを一刀両断している。

 故障者続出のチーム状況のなか、宇佐美は11月26日のケルン戦で途中出場と久々の出番を迎えた。ディルク・シュスター監督は試合前に「宇佐美貴史は有力な選択肢だ。彼はケルン戦でそれにふさわしいものを見せた」と評価していたが、今回はアピールに失敗してしまったようだ。

Football ZONE web 12/5(月) 18:22配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161205-00010011-soccermzw-socc

Read more
サッカー

【サッカー】<揺れる名門!横浜Fマリノス>大幅減給に反発!中村俊輔ら流出の懸念…

1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/12/05(月) 09:41:17.73 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5nTpM8G.jpg サッカーJ1の横浜F・マリノスが揺れている。ベテラン選手に対する大幅な減給の提示や監督の留任に選手らが反発。元日本代表のMF中村俊輔選手(38)に他クラブから獲得のオファーが届くなど、主力選手の流出も懸念され、サポーターが気をもんでいる。

 「とにかく、今、一番大事なのは俊輔選手。来年も契約は残っているし、クラブとしては絶対に残ってもらいたい」。11月28日午前、横浜市港北区の練習場で報道陣の取材に応じた利重孝夫・チーム統括本部長はこう力を込めた。

 発端は11月上旬。3年連続で全試合にフル出場した元日本代表DF中沢佑二選手(38)やDF栗原勇蔵選手(33)といったベテラン選手に対し、年俸の大幅な減額が示されたとスポーツ紙などが報じた。

 功労者の扱いとして不当だといったサポーターの声がインターネット上に渦巻き、長谷川亨社長は11月11日、ウェブサイトで「多大なご心配と不安をおかけし、まことに申し訳ございません」と異例の声明を発表した。

 さらに関係者によると、同21日にフランス人のエリク・モンバエルツ監督(61)の続投が発表されると、一部の選手らが「理由を説明してほしい」などと反発。中村選手ら中心選手に他クラブからオファーが届くなど、クラブは対応に追われた。

 背景の一つには、2014年から資本提携を結んでいるシティ・フットボール・グループの存在がある。マンチェスター・シティーなどを経営し、監督人事などのチーム編成にも影響力を持つとされる。

 今季の成績はリーグ連覇を果たした2004年以降で最低の10位(13勝12分け9敗)。モンバエルツ監督は若手選手の能力を引き出す指導力などは買われているが、監督を選んだフロントと一部の選手の間には溝があるという。

朝日新聞デジタル 12/5(月) 8:04配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000017-asahi-spo

Read more