WEC

【WEC】ル・マン24h決勝:ポルシェ、19度目の総合優勝!苦難を乗り越え掴んだ勝利

1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 22:12:05.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/TShHy61.jpg 『第85回ル・マン24時間レース』が日本時間6月17日(土)22時(現地15時)にスタートしてから24時間、長く厳しい耐久レースを制したのは、トラブルを乗り越えたポルシェ2号車だった。ポルシェは19度目の総合優勝を達成し、ル・マン24時間の優勝記録をまたひとつ伸ばした。

■ポールポジション獲得のトヨタ&小林可夢偉、無念

悲願のル・マン24時間初優勝を目指して臨んだTOYOTA GAZOO Racingは、圧倒的な速さでポールポジションを獲得、小林可夢偉がドライブする7号車は現地時間深夜1時前まで完ぺきな展開で首位を快走していたものの、クラッチトラブルでコース上にストップしてしまった。

■2位走行中の9号車、他車に追突されリタイア

そして、その直後に2位にポジションを上げたトヨタ9号車も他車に追突され駆動系にダメージを負ってコース脇に車両を停めた。TOYOTA GAZOO Racingは、立て続けに起きたアクシデントにより、首位争いをしていた2台を一気に失うこととなってしまった。

■序盤にトラブル発生の8号車、完走

現地時間午後11時前、トヨタ8号車はフロントモーター周りのトラブルで約2時間のピットイン、一時はトップから30周差をつけられてしまい、ここでトップ争いから脱落した。

コースへ復帰後、中嶋一貴やセバスチャン・ブエミが怒濤の追い上げでその差を9周差まで縮めたが、トップ争いに戻ることはなかった。

■小林可夢偉「本当に悔しい」

レースをリタイアした小林可夢偉は、次のようにコメントしている。

「本当に悔しい。TS050 HYBRIDは絶好調で、我々は着実に後続との差を広げていました。

セーフティカーが導入されたタイミングで給油のためのピットインを行い、セーフティカーが退出して再スタートが切られた直後、駆動力がかからない症状が発生してしまいました。何とかピットまで戻ろうと努力しましたが、不可能でした。

このレースのためにハードワークを続け、これほど速いTS050 HYBRIDを仕上げてくれたチームスタッフの悲しみは察するに余り有るものです」。

■【総合結果】第85回ル・マン24時間レース
総合順位 チーム 車番 現在のドライバー 周回数/トップとの差
1 ポルシェ2号車 ティモ・ベルンハルト 367周
2 [LM P2]38号車 ホー・ピン・タン +1周
3 [LM P2]13号車 ネルソン・ピケJr. +4周
—–
9 トヨタ 8号車 セバスチャン・ブエミ +9周
—–
50 ポルシェ1号車 アンドレ・ロッテラー 318周/リタイア
54 トヨタ 9号車 ニコラス・ラピエール 160周/リタイア
55 トヨタ 7号車 小林可夢偉 154周/リタイア

6/18(日) 22:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000018-fliv-moto

http://www.lemans.org/en/24-hours-of-le-mans

Read more